法人なのに審査なし!?ETCカードのおすすめ作り方

高速情報協同組合でETCカードを作りたい!
気になる高速情報協同組合を徹底調査!

高速情報協同組合は、平成5年3月に設立された福岡県北九州市に拠点をおいている組合です。中小企業の事業を様々な角度からアシストしており、異なった業種の交流や共同購買や利用を通じて、経営サポートをしています。組合への加入条件は中小企業等協同組合に定める中小企業とし、加入者は一口1万円以上の出資金を預ける必要があります。

主にETCカードの提供をしており、深夜0時~4時の間で30%オフになる「深夜割引」や、平日の朝と夕方限定で大都市近郊区間以外が最大50%オフになる「平日朝夕割引」、土日祝日に走る軽自動車または普通自動車限定で大都市近郊区間以外が30%オフになる「休日割引」などの走る曜日や時間帯に合わせてのETC割引が適用されます。さらにETCコーポレートカードだと大口・多頻度割引があり、首都・阪神高速道路の割引制度も適用されるので、普段首都・阪神高速道路を頻繁に使用する方にとっては、大変お得なETCカードになります。

高速情報協同組合でもう1種類用意されている、法人ETCカードではマイレージサービスを受けられます。ETCマイレージサービスは、支払額によってポイントが貯まっていき、無料通行分としてそのポイントを利用できるサービスです。高速情報協同組合でのETCカードの特徴として審査なしで発行できます。カードにクレジット機能がついないためです。設立・独立してすぐの企業の場合は、審査に通りにくいケースもありますよね。そんな場合でも、高速情報協同組合でのETCカードなら申し込みからすぐに発行されるので便利です。そのため理由があってクレジット機能付きのETCカードを申し込んだら審査が通らずに発行してもらえなかったという法人の方にも、高速情報協同組合のETCカードはおすすめです。

ETCカードの作り方も、高速情報協同組合へ加入しカード申し込みするのみ。ほかにも全国のエネオスや出光で使える「ガソリンカード」の発行も行っており、こちらのカードもクレジット機能がないので審査もなく申し込みからすぐに発行できます。ガソリン代はだいたい地域によって料金の変動がありますが、このカードを使用すると全国どこでも均一価格なので出張先でガソリンの価格を気にする必要もなくなり、便利です。年会費やカード発行手数料、カード維持費も無料なので気軽に持てるのも嬉しいポイントです。さらに、高速情報協同組合では、任意保険の法人自動車保険も取り扱っています。保険会社は三井住友海上で、全国に対応可能です。車に乗る機会が多いと、バッテリーがあがったり鍵を閉じ込めたりした経験もあるかもしれません。この任意保険なら、ロードサービスも充実しているので安心ですよ。もちろん24時間対応可能です。

申込時には、現金は不要で車検証があれば、すぐに見積もりも行ってくれます。高速情報協同組合から三井住友海上への自動車任意保険に申し込むと、集団割引が適用されるため高速情報協同組合でETCカード発行を検討しているという法人の方にはおすすめします。

記事一覧