UCカード?高速情報協同組合で発行できるUCカードについてご紹介!

高速情報協同組合で発行できるカードについていくつかご紹介していきましょう。

まずはUCカードです。このカードの特徴は、クレジット機能が付いていないので審査もなく発行され、安心してもてるというところです。走る曜日や時間帯に合わせて異なるETC割引が適用されるというところも魅力のひとつ。休日割引、深夜割引ともに現金で払うよりも30%も安く通行できます。このカードは、車両登録をしなくてもいいので、どの車でも利用可能です。例えば出張先などでレンタカーを借りる際も、このカードひとつ持っておけば安心ですよね。さらに枚数制限もなく、必要な分の枚数を申し込めます。

申し込み方法は、WEBのメールフォームで簡単に行えます。申し込み後、カード申込書が送られてくるので記入。次に、申込書・添付書類を送付し、出資金の入金をすると、確認された後にカード発送という流れとなっています。組合に必要書類が到着後、10日程度でカードが仕上がるようです。注意事項として、申し込みは法人の方か個人事業主の方に限ります。カード発行時に必要となる費用は、出資金10,000円とカード手数料1枚につき540円、取扱手数料が年に1度カード1枚につき540円。毎月の支払い方法は、月末締めの翌月20日頃に請求書が発行され、さらに翌月の5日に口座振替となります。請求書作成や信販会社の立替保証などがあるため、毎月の走行金額より5%の額を手数料として支払う必要があります。