大口・多頻度割引の制度が適用される高速情報協同組合のETCコーポレートカード

高速情報協同組合で発行されているETCカード2種類のうちのひとつ、ETCコーポレートカードについてご紹介します。

このカードは、東/中/西日本高速道路株式会社から発行されている料金後払いのETCカードです。カードには、車両を登録する必要があり1枚のカードを複数の車両で使用はできません。

0~4時の時間帯に30%オフとなる「深夜割引」と、平日限定で大都市近郊区間以外の場所が最大50%オフとなる「平日朝夕割引」と、土日祝曜日で軽自動車または普通車限定で30%オフになる「休日割引」など、曜日や時間帯によってのETC割引が適用されます。

さらにETCコーポレートカードは、大口・多頻度割引の制度が適用されるという特徴があります。車両1台につき、首都・阪神高速道路での利用料金は月に5,000円~10,000円以下の場合は10%、10,000円~30,000円以下の場合は15%、30,000円以上で20%の割引率となっています。繰り返しますが、この割引は首都・阪神高速道路での利用のみです。

NEXCOが管理している高速道路での割引については、組合にお問い合わせください。カード発行時に必要となる経費は、カード発行手数料が1枚617円(税込)と取扱手数料が1年に1度617円(税込)となっています。

非組合員の人は、組合に加入する際に1社につき10,000円の出資金が必要です。支払い方法は、口座振替となり月末締めで翌日20日頃に請求書が発送され、翌々月の8日に振替となります。