FAX・インターネットで加入できる高速情報協同組合のETCカードの加入手順、作り方をご紹介

さて、ここまで高速情報協同組合で受けられるサービスについてご紹介してきましたが、魅力がたくさんありましたよね。

「是非高速情報協同組合でのETCカードを作りたい!」と考えている法人の方に、ETCカードや任意保険へ入会する前に必要な高速情報協同組合への加入方法についてご紹介していきましょう。

まずは、組合への加入条件は、「中小企業等協同組合」に定めている中小企業であることです。さらに一口1万円の出資金を支払わなければなりません。この出資金は、高速情報協同組合を脱退する時に返金可能。加入したからといって特に何かに参加しなければいけないという義務はありません。

申し込み方法はFAXかインターネットどちらかが選べます。公式サイトに申込書のファイルが用意されているので、FAXで申し込む場合はまずダウンロードしましょう。必要項目を記載後、FAXにて送信。組合側が確認できたら後日「ETCカード申請書」が郵送されてくるので、こちらにも記載後返送します。出資金10,000円を振り込んで手続き終了です。

インターネットでの申し込み方法は、公式サイトにある申し込みフォームより必要事項を入力しましょう。その後ETCカード申請書を郵送されてくるので、記入後また組合に返送します。その後出資金10,000円を振り込んで手続き完了です。申込時に、必要となってくる書類は公的書類(法人の場合商業登記謄本3ヶ月以内のもの、個人事業の場合は所得税確定申告書・個人事業税納税証明書)と、車検証、申請する車両に搭載されているETC車載器セットアップの証明書、代表者の運転免許証または健康保険証を両面コピーです。組合に加入ができたらETCカードを申請し、手続き終了となります。